合宿免許の特徴

最近、20~30代に人気の合宿免許、従来の教習所に通学免許取得よりも、合宿の方が早くて楽しいオプションがあると大注目の免許取得方法です。

従来の通学の場合、最短でも1ヶ月半はかかりますし、これはあくまでも閑散期の生徒が少ない場合です。これが繁忙期となると予約がなかなか取れず延びてしまいます。特に技能講習は、車を使用します。その車には数に限りがあるので、予約がなかなか取りづらいのです。しかし、合宿免許はその点の心配はいりません。予め教習所側が指定した期間に集中して講習を行いますので、そのスケジュールに利用者側が併せることができれば問題なしです。

期間を短く集中して行えることから、費用も通学と比較すると格段に低価格ですむのが特徴でもあります。早くかつ安く免許を取得したいという方にはおすすめの取得方法です。

また合宿の場所は、遠方や自然の多いところ、交通網が少々不便なところが多いのですが、寮を完備していたり、ホテルとの提携を組んでいるので、食住には問題ありませんし、むしろちょっとした旅行気分が味わえます。

教習所への入校は18歳以上であれば特段の制限はないのですが、合宿の場合には年齢制限を設けているところが多いです。2週間前後のまとまった期間が必要なので、学生やフリーターがターゲットとなりますし、開催時期も夏・冬などの長期休みが確保しやすい頃合を見計らって開催されることが多いです。30歳までと上限を決めている教習所がほとんどです。